京都 亀岡 いちご いちご農園(いちご狩り)

 

朝のハウスの中は、いちごの葉の水孔から出た水滴が朝日を浴びてキラキラ。。✨

大好きな景色です✨

 

そして、この水滴を朝からせっせと飲んでいるミツバチたち🐝

 

巣の中に貯蔵されているはちみつは保存性を高めるためにミツバチが糖度を高くしていますが、この蜂蜜を働き蜂が育児中の幼虫に給餌する時には水を使って薄めています。

また巣箱内の温度調節のための冷却水としても重要な働きがあります。

 

巣箱の中を三十五度前後に保つため、ハウスの中の温度が高くなる時には、盛んに水を汲んできて、巣の内部に水を撒いてその気化熱で温度を下げようとしています。

 

 

ミツバチが集めるものと言うと、花の蜜や花粉🌼のイメージが強いですが、水もとても重要な役割をしています🐝✨

 

ミツバチのことを知れば知る程面白くて、毎回「賢いな~❗」と思わされてしまいます🐝
自分たちの群れを守るために培ってきたミツバチたちの知恵はすごいですね❗✨