京都 亀岡 いちご いちご農園(いちご狩り)

 

社長が怒っています。。

いちご狩りの営業がスタートしました。
台風の被害を乗り越え、必死で頑張ったいちご達。
大切にここまで育ててきました。

 

お客様が帰った後、朝の収穫の時。
胸が痛くて、いちご達に「ごめんね」と言うしかありません。

 

私にとっていちごは小さい苗の時から育ててきた、自分の子どものような存在です。

 

まだ3日目ですが、非常識な食べ方をされるお客様が多く、困っています・・・

 

①いちごはその場で食べれる量だけ採ってください。
販売しているいちごはありますが、お客様が採ったいちごを持ち帰ることはできません。
カバンの中や袋に入れているところを見つけた場合、即刻退園して頂きます。ご了承ください。

②お子様をお連れのお客様は
くれぐれもお子様から目を離さないようにお願い致します。

ハウスの中は公園のように走ったり遊んだりする場所ではありません(お子様ですので、悪気がないのも分かりますし、気分が上がると思いますので、ある程度は分かりますが、限度を越えております)。

お子様と一緒に行動を頂き、どのいちごを触ったか、見て頂きたいです。

いちごは大変デリケートなため、触ると傷や触った跡がつきます。

お子様が触った跡がついているいちご。
今年も早くもずらずらと並んでいました(もちろん全て廃棄となりました)。

目の前でお子様がいちごを潰してしまっているのを見て、それを採って、ゴミ箱に何個も何個も捨てる。
そんなお客様もいらっしゃいます。

大切に育ててきたいちごです。
ポンポンとゴミ箱に捨てていかれる姿を見るのは、耐えられません。

③去年も多かったのですが、当園は三歳から料金が発生致します。
お子様の年齢を偽らず申告してください。
私、以前は保育士をしてましたので、沢山の子ども達を見てきました。3歳を越えているか越えていないかは分かります。

折角、お越し頂いておりますので、こちらもお越し頂いた時間を楽しんで頂けるために、いちごを大切に育てております。お互いが気持ちよく時間を過ごすためにも、お子様の年齢は正直に申告してください。

上記、お守り頂けないお客様は、次回よりご予約をお断りさせて頂きます。予約頂いた後、お断りのお電話させて頂きます。ご了承ください。

お願い事が多くて、申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

トップページ